<漂流ガレキ> 津波で漂流の日本漁船撃沈さる、米沿岸警備隊の艦砲射撃で…

東日本大震災の津波で発生した太平洋を漂う洋上漂流ガレキ。 ハワイ大学海洋研究所が去年「漂流ガレキ」の灰ワイへの到達とアメリカ西海岸への到達予測のシュミレーション予測図を発表していたが、予測より速く到達しているのではない…そんなきがする。 青森県八戸漁港から大震災の津波でアラスカ沿岸までたどり付くのに概ね一年と一ヶ月。 我々に震災を忘れさせないように事は起きる。

電子版を色々見てみたが漁船が流れ出した地元八戸の行業協同組合の声を掲載していたのはNHKのニュースだけだったと思う。 そこでNHKニュースをクリップ。 画像はANNニュースの動画から拝借してキャプチャー。 アメリカではどう報道しているのか調べてみたが、どうやらCNN英語版がよさそうなのでクリップ。


米警備隊 震災漂流漁船沈める
(NHK 4月6日 15時45分)

去年の東日本大震災による津波で青森県の八戸港から流され、アラスカ沖合の太平洋を漂流していた日本の漁船について、アメリカの沿岸警備隊は、付近を航行する船舶の安全を脅かすおそれがあるとして、漁船を砲撃して、海に沈める措置を取りました。

この漁船は、東日本大震災による津波で、青森県の八戸港から流された全長およそ60メートルのイカ釣り漁船で、先月20日にカナダ西海岸にあるクイーンシャーロット諸島の沖合で、無人で漂流しているのが見つかり、その後、さらに北のアメリカのアラスカ沖合で漂流を続けていました。

この漁船について、アメリカ沿岸警備隊は5日、付近を航行する船舶の安全を脅かすおそれがあるとして、砲撃して海に沈める作業に取りかかりました。

沿岸警備隊によりますと、25ミリ機関砲で、数時間にわたって砲撃を続けた結果、漁船は5日夕方、沈没したということで、ヘリコプターからの映像には、砲撃を受けた漁船が、煙を上げている様子が映っています。

東日本大震災による津波で流出し、太平洋上を漂っている家屋や船舶などのがれきは、およそ300万トンに上り、大部分は、来年にもアメリカやカナダの太平洋沿岸に接近するものとみられています。

“処理してもらいほっとした”

このイカ釣り漁船は青森県の八戸港に係留されていて、津波で流されました。

八戸港を拠点にするイカ釣り漁船などが所属する「八戸みなと漁業協同組合」の熊谷拓治組合長は「もし、あの漁船が外国で事故を起こせば、国や業界の責任が問われることなどが心配されていたが、適切に処理してもらいほっとしている。今後、震災で流された漁船やがれきが外国で問題になる可能性がある。気を緩めることなく、業界としてさまざまなことを想定しながら対策を検討していきたい。今回の事例は今後の参考になると思う」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120406/k10014267241000.html

当ブログ関連記事:
「<津波・洋上漂流がれき> 拡散予測図 IPRC vs 京都大学(環境省委託)」 (2012-4-7)

U.S. Coast Guard sinks Japanese boat washed away by tsunami
(CNN. April 6, 2012 — Updated 0809 GMT (1609 HKT))

CNN) — The shelling and sinking of a rust-stained fishing trawler in Alaskan waters ends its aimless voyage more than a year after a tsunami swept it off the east coast of Japan.

The U.S. Coast Guard said it opened fire on the roughly 200-foot trawler Thursday after it determined the “unmanned, unlit, unmarked vessel” posed a hazard to mariners and Alaska’s marine environment.

The Ryou-Un Maru caught fire and capsized in more than 6,000 feet of water about 180 miles southwest of the port city of Sitka, said Petty Officer 1st Class David Mosley, a Coast Guard spokesman.

It was a dramatic end for the Japanese squid trawler. It was bound for a scrap yard before becoming part of a giant debris field generated by a tsunami that struck the island nation following a 9.0-magnitude earthquake on March 11, 2011.

“It’s really one of the first significant pieces of tsunami debris to make its way across the Pacific Ocean,” Mosley said.

The ship drifted undetected until late last month when a Canadian coastal air patrol spotted it several hundred miles off the Queen Charlotte Islands, an archipelago on the north coast of British Columbia.

It captured the imagination of the public, which followed the final days of “the ghost ship” in media reports and tracked its progress on Canadian and U.S. Coast Guard websites.

“I think it captured a lot of people because it survived. It was swept away by the tsunami. It’s believed lost. It’s forgotten about. And it spends an entire year at sea, a summer, a winter and it makes it all the way across the Pacific Ocean,” Mosley said.

The Japan coast guard identified the trawler and its owner after Canadian officials provided the identification number on the hull of the ship. It was moored at Hachinohe in the Aomori prefecture when the tsunami hit last year.
The ship drifted into U.S. waters over the weekend, traveling about a mile per hour and making its way toward the rich fishing waters of the Gulf of Alaska, Mosley said.

At that point, the U.S. Coast Guard determined it posed a threat to other ships navigating the area as well as a potential environment hazard, he said.
The U.S. Geological Survey and the National Oceanic and Atmospheric Administration advised the Coast Guard where the ship’s sinking would have the least environmental impact.

“The potential for a pollution incident is unknown at this time, but officials have limited concerns about any biological threats due to the length of time the vessel has been at sea,” the Coast Guard said in a statement.

The Coast Guard has been continuously broadcasting the vessel’s location to mariners. It will continue the warnings through Friday morning until it conducts an aerial survey to determine its sinking left behind no potentially hazardous debris, Mosley said.

The trawler’s planned sinking was temporarily halted Thursday morning when the Coast Guard ship, the Anna Kappa, based out of Petersburg, Alaska, arrived to find a Canadian ship inspecting the trawler.

“They wanted to claim the vessel for salvage,” Mosley said.

“At that point, there was a meeting to discuss whether they had the means to tow or salvage the vessel,” he said. “They determined it would be too unsafe. At that point, they were asked to leave the area.”

The Anna Kappa opened fire Thursday afternoon with its 25 mm cannons, blowing holes into the side of the Ryou-Un Maru, the Coast Guard said.

It took more than four hours for the trawler to sink.

http://edition.cnn.com/2012/04/06/us/japan-tsunami-ship/?hpt=us_c1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中