<AIJ・衆院参考人質疑3/27> 時系列記事(日経)・衆院インターネット中継を見よう!放っておくと日本は滅びるぞ…

[3/28更新]  日経はAIJ・衆院財金委参考人質疑が9時に始まると第1報を配信し、その後12本の記事を配信した。 以下がその配信記事の時系列一覧。 記事タイトルはハイパーリンクされているのでクリックすると読める(リンク切れしない限り)。 (只今、小生はインターネットで衆院アーカイブ動画を視聴中。 一応、全部視聴したらブログに情報を投稿する予定。 しばし待たれよ! 昨夜(3/27)衆院TVインターネット中継のこの件の動画を全て見た! ワシは腹が立ったゾ。 参考人の答えだけでなく、質疑する議員の軟弱なことに腹が立った。 予想していた通り質疑する議員達は明らかに勉強不足かつ迫力ゼロ!)

取りあえず衆院TVインターネット中継の、http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=41711&media_type= に行ってみよう。 今日の3/27の衆院財金委参考人質疑のリストが出る、それから選んでクリックしよう。 何とかなる。 下記の時系列記事の次に「衆院TVインターネット中継」の解説を入れる。

配信時間 衆院財務金融委員会の参考人質疑 -3月27日 日経配信記事
9:03 AIJ社長らを参考人招致 衆院財務金融委始まる (2012/3/27 9:03)
11:03 AIJ社長「損失取り戻せる自信があった」  (2012/3/27 11:03)
11:06 アイティーエム証券社長、AIJ問題を陳謝 (2012/3/27 11:06)
11:07 年金加入者、AIJ社長答弁に聞き入る (2012/3/27 11:07)(13:08更新)
11:08 AIJ社長「最初からだます気は全くなかった」(2012/3/27 11:08)
11:21 AIJ社長、9年間の同社報酬「全体で27億円弱」(2012/3/27 11:21)
11:24 AIJ社長「ばくちをしたという覚えはない」(2012/3/27 11:24)
11:40 AIJ社長が謝罪、運用虚偽報告認める 衆院委 (2012/3/27 11:40)(12:42更新)
11:58 AIJ社長「どこかに資金を隠すというスキームでない」(2012/3/27 11:58)
12:02 アイティーエム社長「虚偽との認識は誰も持たず」(2012/3/27 12:02)
12:17 AIJ社長、虚偽報告「やめたいと思ったができず」(2012/3/27 12:17)
13:20 AIJ社長「虚偽、私が主導」 水増し運用報告作成を依頼 (2012/3/27 13:20) 
13:29 衆院AIJ参考人質疑 浅川、西村、石山氏の発言要旨 (2012/3/27 13:29)

(只今3/28 18:27現在、執筆中 live)

Step 1.  衆院TVインターネット中継のHP http://www.shugiintv.go.jp/index.php に行く。 下記のような画面が出るが、PCによって5秒から10秒待つのだ。 すると画面が自動的に変わる。 

Step 2. 下記のような画面にかわったら、その右側にあるカレンダーの「27」をクリックする。

Step 3. 下記のような画面にかわる。 「財務金融委員会」をクリックする。

Step 4. 下記のような画面にかわる。 「財務金融委員会」の発言順にリストアップされている。 最低でもこの当事者達の冒頭申述(弁明)を視聴してはどうか! TVニュースで流された断片では分からないその図太さが見えてくる。 各議員の質疑は低レベルかつ迫力ゼロ。 これでは我々の年金は消えて無くなるゾ!

このブログを読んだ人達に切に願う、「衆院TVインターネット中継」を視聴して欲しいと。 どれだけ我らが国会のレベルが低いか分かって欲しい。 日本の現状を分かって欲しい。

 野中隆史(参考人 一般社団法人信託協会会長)

 前哲夫(参考人 日本証券業協会会長)浅川和彦(参考人 AIJ投資顧問株式会社代表取締役) 西村秀昭(参考人 アイティーエム証券株式会社代表取締役)
 石山勲(参考人 株式会社東京年金経済研究所代表取締役)
彼らの弁明の後に各党の代表者質疑が行われ、この当事者達がそれに答える。 動画をみれば分かるが、質疑する議員達は手元の原稿をみなければ質問できない。 つまり、それは議員秘書たちが調べて用意したものであり、もし議員達が精査して目を通しているならそんなに頻繁に原稿に目をやらなくてもいいはずだ。 しかし、質疑の間中原稿をみいみい質問する。 質疑内容は暗記せよ! その程度だから、浅川社長にも適当にいなされてしまうのだ。

メディアはカットだけをTV で流してそれらしく報道したが、はっきり言ってこの国会議員達はほとんど勉強していない。 情けないくらいレベルが低い。

近藤和也(民主党・無所属クラブ)  (この人、野村OBだよ。 代議士1年生。 民主党には人がいないんだろうな、こんな大事なことに1年生議員を出すんだから。 ただ野村OBだから詳しんだろうという安易な考えなんだろうが…..)    Bunji94の採点 0点。竹本直一(自由民主党・無所属の会)  Bunji94の採点 10点。 いいところ突いたところもあるが勉強不足、迫力不足。
竹内譲(公明党) Bunji94の採点 0点。 原稿ばかり見るな!
佐々木憲昭(日本共産党) 共産党は少しは突っ込むだろうと期待しのだが….Bunji94の採点 0点。 原稿ばかり見るな!

豊田潤多郎(新党きづな)  持ち時間が少ないのは分かる、しかし「新党きづな」にも期待したがやはり勉強不足。 ずーっと下ばかり見ている。 Bunji94の採点 0点。
メディアの報道は国会議員の無能さをいう事実を伝えていない。 さらに、この参考人質疑が終わると民主党の「政策無き烏合集団」の党議の話に移行している。 この国がダメになっているのは国会議員の質の低下もさりながら、メディアの質の低下も大いなる原因であると確信する。

[続報] NHKが3月28日にまとめを報道したのでクリップ。 しかし、この浅川(あさかわ)社長、面(つら)の皮(かわ)は厚皮(あつかわ)だ。

AIJ 損失隠しの工作明らかに
(NHK 3月28日 6時20分)

企業年金の運用に失敗して1000億円を超える損失を出したAIJ投資顧問の浅川和彦社長は、27日に行われた国会の参考人質疑で「客をだますつもりはなかった」と主張しました。 その一方で質疑では巨額の損失を隠すための工作も明らかになりました。

AIJの浅川和彦社長(59)は、27日、衆議院の財務金融委員会で行われた参考人質疑で、問題発覚後、初めて公の場に姿を現しました。

1000億円を超える損失を出したことについて浅川社長は「受給者、加入者のみなさま全員におわびしたい」と述べて謝罪したうえで、「損失を取り戻せる自信があったが、結果としてこのような形になり責任を痛切に感じている」と述べました。

客をだましていたのではないかという質問には「だます気は全くありません」と強く否定しました。 その一方で浅川社長は「私が水増しの数字を渡した」と述べ、公認会計士に依頼して、年金運用の実績を水増ししたうその運用報告書を作らせていたことを認めました。

さらに海外の監査事務所が作成し巨額の損失が記載された監査報告書が表に出ないよう、みずから工作していたことも明らかになりました。

年金の運用を巡って浅川社長は、契約を解除した客に資金を払い戻す一方で新しい客には金融商品を高値で買い取らせていましたが、これについて「金を集めるだけで運用する気がなかったのではないか」と問われると「客が入れ替わっただけで運用は継続していた」と述べて否定しました。

今後客に資金を返す見込みはあるのか、と問いただされると「運用している資金の中から返済することになる」と述べましたが、年間7000万円前後に上った給料で弁償すべきでは、と指摘されると「報酬を多く取ったとかだまし取ったというつもりは全くありません」と反論しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120328/k10014015331000.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中