<東京地裁の検索予測差し止め命令・グーグル拒否> ネットにプライバシーはあるか? 欧米で類似の訴訟があるがグーグルの回答は常に“拒否”だ。 気を付けよう…

大手検索サイト「グーグル」に文字を入力すると補足で情報が表示される機能(サジェスト機能)を巡って、男性が「自分の名前を入れると身に覚えのない犯罪行為を連想させる単語が出てくる」として削除を求めたのに対し、東京地方裁判所は削除を命じる仮処分の決定を出した。

この男性には同情する。 なぜなら、男性がこの検索サイトで自分の名前を打ち込むと身に覚えのない犯罪行為を連想させる単語が表示され、それが原因で退職に追い込まれたり、その後も内定を取り消されたり、採用を断られたりすることが続いているそうだ。

グーグル側は「単語は機械的に抽出されるだけで意図的なものではない」と反論したが、東京地方裁判所は申し立てを認め、25日までに表示の削除を命じる決定を出した。

グーグル側は「削除の権限はアメリカ法人にあり、日本の法律の規制を受けない」として削除していない。 グーグル日本法人は「対応を検討している」とコメントしている。  しかし、私が思うグーグル日本法人は本社に従うしかないので何もできないと私は思う。 というのは、類似の訴訟が欧米でもあるがグーグルは常に拒否しているからだ。 欧米ケースでいうと、グーグルの典型的な回答はこうだ。

“Google’s search results reflect the information available on billions of web pages on the internet. We don’t, and can’t, control what others post online, but when we’re told that a specific page is illegal under a court order, then we move quickly to remove it from our search results.” 

「検索結果はネット上にある途方もない量の情報を反映しているのであって、人々がネットに流す情報を我々はコントロールしないし又できることでもない。 しかし、特定のページが違法だと裁判所から命令を受けた場合は我々は速やかにそれを削除する。」(小生の抄訳)

これは、かつてフォミュラー1のトップをやっていた“Max Mosley”の「Suing Google to Remove Results About Your Alleged Orgy Won’t Work」のケースからの抜粋。

この件の被害者である男性には本当に同情するが、グーグルはネットにプライバシーは無いと考えている会社なのだ。 我々ユーザーは、特に日本のユーザーはその点をヨーク承知し細心の注意を払ってネットを使わなければいけないだろうと思う。  あとは、我々ユーザーが一致して声を大にし抗議する。 心許ない話だが、今の所それしかないようだ、国家権力の強制力以外は。

今回の東京地裁の削除を命じる仮処分に関しての報道では「毎日」の記事が1番詳しいようだ。 先ず、それをクリップしてから前述の英文記事の情報を掲載しよう。

米グーグル:検索予測差し止め命令…東京地裁仮処分
(毎日新聞 最終更新 3月25日 17時24分)

大手検索サイト「グーグル」に実名などの文字を入力して検索する際、途中から予測文字や補足情報を表示する「サジェスト機能」を巡り、日本人男性がプライバシーを侵害されたとして、米国のグーグル本社に表示差し止めを求める仮処分を申請し、東京地裁(作田寛之裁判官)が申請を認める決定をしたことが分かった。だが、米グーグルは「日本の法律で規制されない」と拒否し、被害が救済されない事態となっている。決定は19日付。【中川聡子】

 米グーグル拒否「日本の法律で規制されない」

男性側によると、男性の実名を入力しようとすると、途中からフルネームとともに犯罪行為を連想させる単語が検索候補の一つとして表示され、それを選択すると男性を中傷する記事が並ぶという。

男性は数年前、当時の勤務先で思い当たる節がないのに退職に追い込まれ、その後の就職活動でも採用を断られたり内定が取り消されたりする事態が相次いだという。このため調査会社に調査を依頼。その結果、あたかも犯罪に加担したかのような中傷記事がインターネット上に1万件以上掲載され、その中傷記事にサジェスト機能でたどり着くことが分かった。

男性は弁護士に相談の上、グーグル側に記事を削除するよう求めたが応じてもらえず、昨年10月に「被害が重大で緊急に削除すべきだ」として、サジェスト機能の表示を差し止める仮処分を申請。地裁は男性側の主張を全面的に認め、差し止めを命じる決定をした。

男性側は当初、グーグルの日米両法人を相手取っていたが、日本法人は「削除権限は米法人にしかない」と主張し、訴えの対象から除外した。残る米グーグルは「単語を並べただけではプライバシー侵害に当たらない。単語は機械的に抽出されており恣意(しい)的に並べているわけではない」と主張。「社内のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)に照らし削除しない」として、決定に従わないことを回答してきたという。

グーグルの検索エンジンはヤフーにも採用され、国内検索サイトのシェアを事実上独占している。

男性は代理人の富田寛之弁護士を通じ「グーグル側が決定に従わないことに憤りを感じる」と述べた。富田弁護士は「弱い立場の個人や中小の事業者は、こうした検索結果が表示されるだけで失職や倒産など取り返しのつかない被害が生じる。日本での被害なのに、決定は米法人に執行できない。被害救済を実現するには法整備が欠かせない」と訴えている。

▽グーグル日本法人広報部の話 この件については現在、対応を検討している。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120325k0000m040095000c.html

Suing Google to Remove Results About Your Alleged Orgy Won’t Work
(Above the Law, 13 Dec 2011)

I had never heard of Max Mosley until yesterday, when I read he was suing Google in Europe to block all search results regarding his alleged participation in some sort of Nazi sex orgy.

Ironically, when you search for Mosley’s name now, you get a zillion news stories with headlines like “Max Mosley sues Google over ‘Nazi orgy’ search results?.”

Let’s learn more about Mosley, the former president of Formula One, and his decidedly unsexy legal battle against Google….

From The Guardian:

    Max Mosley is suing Google in France and Germany in an attempt to force the internet company to monitor and censor search results about his alleged sado-masochistic orgy.

    The former Formula One boss revealed he is taking legal action against Google during his testimony before the Leveson inquiry at London’s royal courts of justice on Thursday.

    Mosley is battling to remove from the internet false and libellous references to an alleged “Nazi-themed” orgy and a News of the World video. …

    “The fundamental thing is that Google could stop this appearing but they don’t or won’t as a matter of principle,” he told the inquiry. “The really dangerous things are the search engines.”

Mosley is also threatening to sue Google in California.

And this is not the first time public figures have not-so-nicely asked Google to censor search results they dislike. The other obvious case involves Rick Santorum, who made headlines in the fall criticizing the unpleasant top Google result for his last name. In 2003, sex columnist Dan Savage started the bare-bones website, Spreading Santorum, which simply defines his last name as a nasty sexual term, in response to what Savage perceived as the former senator’s anti-gay statements.

In both Mosley’s and Santorum’s cases, the miffed public figures insinuated that Google could eliminate the search results if it wanted to. Santorum claimed his conservative ideology was the reason Google refused to do anything about the search ranking.

But Google does protect itself legally. When it receives specific, court-ordered takedown notices, from the government or individuals, it frequently complies. (If you have ever run searches relating to illegal music or movie sharing, DMCA takedown notifications often appear on the Google search results page.) Mosley even acknowledged that Google has taken down hundreds of references to the allegedly defamatory stories. But the company will not honor personal requests or requests to censor entire search terms.

At this point, Google spokespeople have a pretty tight statement they use to explain their actions. The company’s response to Mosley was almost exactly the same as it was to Santorum:

“Google’s search results reflect the information available on billions of web pages on the internet. We don’t, and can’t, control what others post online, but when we’re told that a specific page is illegal under a court order, then we move quickly to remove it from our search results.”

On a practical level, Tim Worstall at Forbes gives a good explanation of why the act of suing search engines simply creates more stories for them to index:

[A]ny court case arguing that Google must not add to the search engine stories which mention the untrue allegations will be reportable: for court cases and evidence are reportable under privilege. So every time Mosley sues he’s generating more newspaper pieces which Google can, entirely legitimately, add to the index. For they’ve been reported under privilege.

Finding yourself on the Internet for unflattering reasons can be humiliating, especially if the information is untrue. A whole cottage industry has grown up around people trying to prevent their old mugshots from being easily searchable. Even Natalie Portman has said she won’t do nude scenes in movies because she doesn’t want the scenes ending up online.

For better or worse, Google is the gatekeeper for the online world we live in. It would be a completely unfeasible system if people could pick and choose, without a specific legal justification, what kinds of results to allow search engines to index. It is for the same reason news outlets will not remove stories just because someone doesn’t approve of the coverage. I feel bad for Mr. Mosley, but he’s only making things worse for himself. And his attorneys should know better.

http://abovethelaw.com/2011/12/why-suing-google-to-remove-results-about-your-alleged-orgy-will-never-work/

Max Mosley sues Google in France and Germany over ‘orgy’ search results [The Guardian]
Max Mosley’s Very Amusing Attempt to Sue Google [Forbes]

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中