【AIJ問題、続報3/12】 「すぐに返還可能な資産は約60億円」(NHK、日経)、「解約時にファンド付け替え、高値で別の基金に買わせる」(共同)

NHKと日経の報道によると..凍結されたAIJが香港に保有する資産約200億円うち即使えるのが20億円、現金預金が20億円、計60億円が現時点での返還可能額。 共同通信は、「AIJがファンドの付け替えをして、解約した企業年金のファンドを利回りを上乗せして高値で別の企業年金に買わせていた」(損失付け替え)を証券取引等監視委員会が確認したと報道。

以下、各社配信記事。

AIJ すぐ返還可能60億円程度か
(NHK 3月12日 11時59分)


AIJ投資顧問が運用していたとする企業年金の資金2000億円のうち、顧客にすぐに返還できるのは60億円程度にとどまる見通しであることが、関係者への取材で分かりました。

証券取引等監視委員会は資金の運用の実態解明を急ぐことにしています。

東京の投資運用会社、AIJ投資顧問は、運用していたとするおよそ2000億円の年金資金のほとんどがなくなっていることが分かり、業務停止の処分を受けました。

残っている資産について、浅川和彦社長は証券取引等監視委員会に対し、「およそ200億円が運用先の海外にある」と説明しているということです。

しかし、監視委員会が調べたところ、200億円のうちおよそ180億円は、海外にある複数の投資ファンドから貸付金の名目で企業に流れていた疑いがあることが分かりました。

AIJ投資顧問の資産は、このほかに預金が40億円ほどあるだけで、厚生年金基金などの顧客にすぐに返還できるのは、合わせて60億円程度にとどまる見通しだということです。

証券取引等監視委員会は、貸付先とされる企業や資金の運用の実態解明を急ぐことにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120312/t10013651511000.html

AIJの返還可能資産は60億円 監視委確認
海外は20億円
(日経 2012/3/12 13:37)

AIJ投資顧問が受託した企業年金資産の大半が消失した問題で、証券取引等監視委員会が確認できた海外資産が約20億円にとどまることが12日わかった。すでに確認済みの約40億円の現預金と合わせても合計は約60億円で、監視委は残る資産の確定作業を急いでいる。

AIJの浅川和彦社長はこれまで監視委に対し、現預金40億円に加え、海外に約200億円の資産が残っていると説明していた。監視委は約200億円の海外資産を洗い出すため、海外の証券監督当局との相互協力協定(MOU)に基づき、香港当局などに協力を要請。海外に換金可能な金融資産が約20億円残っていることを12日までに確認した。

ただ、残りの約180億円については実態を精査中で、どの程度の資産価値があるかは現時点では不明だという。

AIJは監視委の検査終了後、金融庁によって登録を取り消され、企業年金に残存資産を分配することになる。現在の資産状況では、約2000億円の受託資産のうち分配金は多くても1割弱にとどまる公算が大きい。

http://www.nikkei.com/news/headline/article /g=96958A9C93819591E3E0E2E2EA8DE3E0E2E1E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2

[注釈 by Bunji94:  MOU = Memorandum of Understanding.  日経の記事は「相互協力協定(MOU)」としているが、MOUは「覚書き」であり相互協力の覚書を取り交わしているということではないか。 MOUはMOA(Memorandum of Agreement)より強制力は低い。]

解約時にファンド付け替え AIJ資産消失問題
(共同通信 2012/03/12 14:00)

AIJ投資顧問(東京)の年金資産消失問題で、顧客の企業年金が解約を申し出た際、顧客の資産を運用するファンド(金融商品)を、別の企業年金にうその利回り分を上乗せした価格で購入させて資金繰りをしていたことが12日、証券取引等監視委員会の検査で分かった。

少なくとも数年前から、こうした顧客間でのファンド付け替えの手口で解約資金を確保する“自転車操業”をしていたという。監視委はこれらの検査結果を基に金融庁に同社を行政処分するよう勧告する方針。

http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012031201001536.html

当ブログのAIJ問題関連記事リンク:

■ 浅川社長、高橋成子取締役の役員報酬は一体いくらだったのか?(毎日vs日経  (投稿日: 2012-03-24)

■  受託金最終運用はシンガポールの証券証券会社だった (日経3/22)  (投稿日: 2012-03-22)

■ 証券監視委、アイティーエム証券を強制調査へ ― 預かり資産で損失穴埋めの疑い(日経)  (投稿日: 2012-03-20)

■ <AIJ、衆院参考人質疑> こんなジジ達に質疑して何の意味がある。衆院財務金融 委員会のパフォーマンス、税金の無駄づかいだ! 
(投稿日: 2012-03-14)

■ そのカラクリはこうだ、スキーム図解! 解約用に資金プールも…  
(投稿日: 2012-3-9)

■ あえぐ年金基金、むらがる野村OB、はびこる社保庁OB天下り 
(投稿日: 2012-3-6)

■ <AIJ、旧社保庁OBの関与> 旧社保庁幹部23人が厚生年金基金に天下り  (投稿日: 2012-03-03)

■ 「AIJ投資顧問」企業年金資金消失問題に思う  (投稿日:2012-2-26)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中