国家公務員給与平均7.8%削減、どう下げるんだ? 具体的にはこう下げる!

国家公務員給与削減は民主党が自公案を丸呑みすることによって2月17日に合意が成立した。 平均7.8%の給与カットになるが、それじゃ具体的にどういうふうに給与削減されるかとなると知らない人が多いようだ。 新聞は平均7.8%しが報道しないからね。 総務省が公開している「国家公務員の給与の臨時特例に関する法律案の概要」によると職種、等級によってこのように削減される。

I  一般職給与法適用者の給与減額支給措置

  • 1.  俸給月額
  •     ① 本省課室長相当職員以上(指定職、行(一) 10~7級) ▲10%
  •     ② 本省課長補佐・係長相当職員(行(一) 6~3級) ▲ 8%
  •     ③ 係員(行(一) 2、1級) ▲ 5%
  •     その他の俸給表適用職員については、行(一)に準じた支給減額率
  •   2.  俸給の特別調整額(管理職手当) 一律▲10%
  •   3.  期末手当及び勤勉手当一律▲10%
  •   4.  委員、顧問、参与等の日当上限額を▲10%
  •   5 地域手当等の俸給月額に連動する手当(期末・勤勉手当を除く。)の月額は、減額後の俸給月額等の月額により算出

II  特別職給与法適用者の給与減額支給措置

  •   1 俸給月額
  •     ① 内閣総理大臣▲30%
  •     ② 国務大臣クラス・副大臣クラス▲20%
  •     ③ 大臣政務官クラス、常勤の委員長等・大公使等(②以外の者) ▲10%
  •   2 期末手当
  •     ① 内閣総理大臣、国務大臣・副大臣クラス俸給月額の支給減額率と同じ
  •     ② ①以外の者一律▲10%
  •   3 非常勤の委員等の日当等上限額を▲10%
  •   4 秘書官一般職給与法適用対象者に準じて措置

III  防衛省職員給与法適用者の給与減額支給措置

  •   1 俸給月額等
    一般職の国家公務員と同様の減額措置を実施
  •   2 給与減額支給措置の特例について

    自衛官(将・将補(一)を除く。)並びに自衛隊の部隊及び機関に勤務する事務官等については、施行の日から起算して6月を超えない範囲内で政令で定める期間まで給与減額支給措置を適用しない。

IV  給与減額支給措置期間
公布の日の属する月の翌々月の初日から平成26年3月31日まで

=================================================
出典: 総務省
国家公務員の給与の臨時特例に関する法律案
http://www.soumu.go.jp/main_content/000116906.pdf

国家公務員の給与減額支給措置について(平成23年6月3日閣議決定)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000116926.pdf
=================================================

以上のように減額パーセンテージは職務等級によって違うわけだが、それじゃ等級別の国家公務員の数というのも気になるところだ。 行政職(俸給表1)の場合だとこういう構成になっている。

(出典: 人事院、「公務員の給与の概要 H23年9月」より)

行政職(二)、税務職、公安職(一)(二)、海事職(一)(二)、教育職(一)(二)とかをみんな加えると国家公務員の等級別人数はこうなる。

[参考資料: 政府の総合統計窓口「e-Stat」、一般職国家公務員在職状況統計表(平成23年7月1日現在)]

国家公務員は特別職と一般職があり、それぞれ細分化しているが、総数で言うと国家公務員が約64万人(裁判官、防衛省職員、自衛隊員等の特別職を含む)、地方公務員が約281万人だそうだ。 図解するとこうなる。

[出典: 総務省>公務員制度、「国家公務員の種類と数」]

国家公務員の人件費の推移を見てみると平成15年、16年に劇的に下降している。 これは人事院勧告によって俸給表を大改訂し、かつ手当の大幅減額を行ったためで、下記のグラフを見るとびっくりするくらい下がっている。

[出典: 財務省広報誌「ファイナンス」平成22年3月号ー予算特集「公務員人件費について」]

これは自民党時代にやったことで、かなりの削減をしている。 民主党は金勘定が出来ない国会議員の集団で、下げようがないのに2割削減をマニュフェストに掲げた。 今回の平均7.8%の給与カットも大震災の復興財源という大義名分で何とかできるのであって、大震災が無ければとても出来なかったろう。 まさに「火事場泥棒」。 こんな財政も防衛も外交も分からない政党が政権を握っていてはこの国は確実に潰れてしまうでしょうネ~。

国会議員の歳費・定数削減を先ずせねばならないだろう。 消費税を上げる、公務員の給与を下げるなどサルでもできる方法しかできないのかね….情けない政治家達よ。 先ず自分たちを仕分けし、首を切るべきだろう。

あっそうか、サルには「己をただす」…そういう品格はないか。  外国のメディアはよくこう報道する「日本は、国民は一流、政治家は三流。 日本はその優秀でけなげな国民でもっている、その無能な政治家達が混迷の限りを尽くしていても。」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中